2016年7月12日のブログ

『愛知サマーセミナー2016』の特別企画2016年7月12日

NPO法人アスクネットさまよりイベント情報です!

~アクティブラーニングの究極のカタチ!?~

▼イベント概要▼ 
日時:2016年7月16日(土) 
第一部 13:10~14:30(3限)/第二部 14:50~16:10(4限) 
場所:東海学園大学 2号館2階224教室(予定) 
アクセス:地下鉄鶴舞線「原」駅より徒歩15分 
または、「原」駅で市バスに乗り換え、「平針南住宅」下車、徒歩約3分。 

内容: 
「アクティブラーニングは子どもたちのどんな力を高めるのか」 
「そもそも、なぜその力が必要なのか」というアクティブラーニング 
(以下、ALと表記)の基本知識から、究極のAL応用実践まで知る 
ことのできるフォーラムです。 
AL導入の社会背景や求められる効果などについては、中央教育審議会の 
委員をされている生重氏にご講演いただきます。 
そして、AL応用実践として、全国的に注目されている岐阜県立可児高等学校教諭の 
浦崎太郎氏から「地域課題解決型キャリア教育」の取り組みについて 
ご講演いただきます。 
18歳選挙権のスタートを機に、地域の担い手として注目されている高校生は、 
地域に飛び出すとどんな役割を担うのでしょうか。 
「地域課題解決型キャリア教育」は高校でのシティズンシップ教育としても 
必見の講座です。 
後半のパネルディスカッションでは、本間正人氏のファシリテートのもと、 
浦崎氏と生重氏のお二人にアスバシ教育基金の毛受氏を加え、 
高校でALを実践するため地域資源活用のヒントを探ります。 

第12回教育CDフォーラム